ぐっすりずむを服用してみたいけど、睡眠のためにサプリメントを服用したことがないという方なら、ぐっすりずむに含まれている成分についてはちょっと気になりますよね。では、ぐっすりずむに含まれている成分は一体何が入っているのでしょうか?

もしも成分に変なものが入っていたら、いくら1日1粒の服用とはいえ購入したくはないですよね。ここでは、ぐっすりずむについての成分を確認してみました。

【ぐっすりずむの代表成分は全部で6種類!】
ぐっすりずむにはあまり色々な成分は含まれておりません。有効成分はL-テアニンになりますが、それ以外の体の調子を整えてくれる成分は5種類になります。早速どんな成分なのか見てみましょう。

〇L-テアニン
ぐっすりずむの一番の有効成分になります。緑茶などに含まれる甘味成分で、脳の興奮状態を抑えてリラックス効果を高めてくれる効果を期待することができます。

〇グリシン
グリシンの一番の特徴は、ぐっすりと眠る不快睡眠時のノンレム睡眠の時間を長くしてくれることです。また、私達は寝る時に一時的に体温がグッと下がりますが、それを助けてくれる働きも期待できます。

〇ビタミンB1
疲れが溜まってくると下半身に乳酸が溜まりやすくなりますが、それを防ぐ働きがあります。また、手足の神経や脳の中枢神経を正常にさせる働きもあります。

〇ビタミンB6
脳の神経伝達を正常に保つ働きがあります。また、それ以外にも睡眠ホルモンの元となるセロトニンという成分の栄養素になります。

〇ビタミンB12
損傷している末梢神経を改善してくれる働きがあります。赤血球がたんぱく質を合成する時には必要不可欠な栄養素です。

〇ギャバ
ストレスを受けにくくする効果が期待できます。そのため、一時的に強いストレスを受けて上手く眠れない時などには有効な成分です。

以上が、ぐっすりずむの代表的な成分になります。これだけ睡眠サポート成分が入っているならかなり睡眠の質を向上しやすそうですよね!

【添加物の有無】
では、サプリメントによくある添加物はどのくらい入っているのでしょうか?ぐっすりずむの添加物には加水分解ケイ素と着色料が配合されています。

ぐっすりずむの添加物はこの2種類のみとなります。もしも副作用のような症状が心配される時には、かかりつけの医師に相談してから服用するといいですね!

【ぐっすりずむの成分についてのまとめ】
ここでは、ぐっすりずむについての成分を確認してみました。すると、ぐっすりずむについては代表的な成分として6種類の成分があることが分かりました。

では、その6種類の成分とは何かというとL-テアニン、グリシン、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、ギャバでした。

この成分達はどれも睡眠を深くするためには有効な成分となっています。

そして添加物については、加水分解ケイ素と着色料がありました。もしも副作用が心配な時にはかかりつけの医師に相談してから服用してくださいね。